小松菜がハモグリバエの被害に!⊶小麦ちゃん日記⊶

小松菜がハモグリバエの被害に!

 今回は、恭農園で栽培してる小松菜については話していきます。小松菜は、青梗菜などと同じアブラナ科の野菜で、皆さんも一度は食べたことがあると思います。そんな小松菜を収穫している時のことでした。葉の裏側を見ると白っぽい線のようなものがあり、その線を辿っていくと黒い虫のようなものが潜っていました。何か調べるために葉を破いて取り出してみると、中に居たのはハエでした。葉に潜っているハエ、一瞬で何かわかりました。ハモグリバエだと。急いで虫予防の薬を撒きましたが、その時には手遅れでほとんどの小松菜の葉に潜っていました。そのため、栽培していた小松菜は処分することになりました。後で、なぜハモグリバエの被害にあったのか考え、近くに牛小屋が在ったからではないかと予想しました。

この経験を生かして、二度とハモグリバエの好きにはさせません!(笑)

Follow me!